一押し情報

第1位
自分を信じて自分らしく生きる方法
第2位
人間関係を改善する方法
第3位
感じるだけで自由な幸せを手に入れる方法

働かなくてもいい方法【働きたくない人のための「働かない生き方」をする方法】

[]
公開日: 2017年2月21日

Sponsored Link

仕事をするデメリット

ここでは、仕事をするデメリットを紹介していきます。

理想と現実のギャップを感じる

普通の仕事にしたけど、実際に仕事としてやってみると思い描いていたものと全然違い、その仕事に就いたことを後悔する人は少なくありません。

実際、退職理由として「思っていた仕事と違った」という仕事のミスマッチを上げている人が数多くいます。

特に新卒として入社した人は、仕事をすることに対して経験が無く、具体的にイメージできていない結果、憧ればかりが先行してしまっていることが多いです

好きで居続けられず、嫌いになったり飽きてしまう

好きなことだったとしても、それを仕事として行った結果、飽きて好きだはなくなってしまったり、それどころか嫌いになることすらあります。

そうなると、せっかく普通の仕事にできたことの意味がなくなります。

仕事をすることが苦痛になり、大きなストレスを感じながら仕事を続けることになってしまいます。

Sponsored Link


お金、休日、時間を犠牲にする必要がでるかもしれない

普通の仕事にでき、給料も高く、休みも多く、残業も少ない。

そんな仕事があれば最適ですが、そうはありません。

普通の仕事にしようとした時、給料が低かったり、休日が少なかったり、残業が多かったりするかもしれません。

それでもいいと最初は思えるかもしれませんが、仕事を続けているとそのことに不満を抱くようになってくることも多いです。

後悔しない仕事選びをする為には

せっかく好きなことができる仕事に就けたのに後悔してしまうようなことは避けたいです。

ですから、単に好きだからということで仕事を選ぶのではなく、しっかり考えて仕事を選ぶ必要があります。

仕事であることを意識する

まずは、仕事であることを意識しましょう。

仕事である限り、決まった期間で利益をだすことが必要となります。

納期もあるし、お客さんもいます。

好きなこととは言え、環境は違うのです。

具体的な仕事をイメージする

普通の仕事にしようとするならば、具体的にどのような仕事をすることになるのかイメージしましょう。

例えば、ある分野の研究職に就きたいと考えた時、どのような仕事をすることになるでしょうか。

単に実験して論文を書くだけでは終わりません。

もしかしたら実験は違う部に依頼することになるかもしれませんし、1つの研究のほんの一部分しか担えないかもしれません。

もし具体的にイメージできなければ、実際に同じような仕事をしている人にどんな仕事をしているか、聞いてみることも必要です。



⇒働かなくてもいい方法はコチラで解説しています。

このページの先頭へ