一押し情報

第1位
自分を信じて自分らしく生きる方法
第2位
人間関係を改善する方法
第3位
感じるだけで自由な幸せを手に入れる方法

ストレスなく生きる唯一の方法【生きにくいと感じる貴方へ】

[]
公開日: 2017年2月21日

 


⇒ストレスなく生きる唯一の方法はコチラ

 

 

 

みなさんはどんなときに生きにくさを感じますか?

たとえば新しいクラスで友達が少なかったり
仕事がうまくいかなくて周りの目を気にしたり
思っていることがちゃんと伝わらなかったり

生きにくいなあ〜となんとなく感じる場面は
少なからずみなさんあると思います。ぼくもたくさんあります。

でもその一方で、
毎日めちゃめちゃたのしそうにしてたり、
いつも幸せそうに笑ってる人っているんですよね。
「このひと悩みとかあるのかなあ?」って人。

この差ってなんだろう?って思ったわけです。

もちろん一見ハッピーに見える人でも
悩みはたくさん抱えていると思います。
でも明らかに生きやすそうなんですよね。

実際にぼくがそう思う人に話を聞くと
「幸せだ」と即答する人が多いです。
そしてストレスフリーに生きてる人は魅力的なんですよね。

生きにくさを解消するたった1つの方法を教えます。

Sponsored Link


これです。これだけなんです。
そう、「自己開示をすること」なんです。

自己開示とはどうゆうことかというと
わかりやすく言ってしまえば
周りの人に本当の自分を知ってもらうことです。

自分の気持ちや悩みや考えてることなど
自分ことをとにかくさらけ出していくことです。

そうすることによってこんなメリットが生まれます。

怒りやイライラ、悲しみなど、どうしようもなくネガティブな気持ちがつぎつぎと心のなかにわき起こってきてほかのことが考えられなくなると、気持ちはどんどん落ちこんでいきます。その負のループを断ち切るには、まずそんな自分の感情を少し離れて客観的に観察してみることです。
そうしたネガティブな感情は、つぎつぎとホームに入ってきてまた去っていく電車のようなものです。あなたは駅のホームにいてその電車に乗らず、ただ見送ればいいのです。「ああ、今どうしようもなく怒ってるな」「ずいぶん悲しんでるな」と第三者的にみてみると、ネガティブ思考をどこかでストップさせることができます。

脳科学のリサーチによれば、たとえ1分の短い瞑想でも興奮した脳を落ち着いた状態にリセットする効果があると考えられます。アラームを1分にセットし、目を閉じて瞑想をスタート。意識を頭からじょじょに足元にシフトさせまた戻るというようにイメージしながらゆっくりと呼吸しましょう。脳に「リラックスして」というシグナルを送るためにも、時間は1分厳守で行ってください。

現代人はなんでも効率よくすすめようとマルチタスクにはしってしまう習性がありますが、これがかえって脳への過剰な負担となりストレスの原因に。「急がば回れ」というように優先順位をはっきりとさせひとつひとつ対処していくほうがミスも少なく、確実に作業をこなしていくことができます。

Sponsored Link


このページの先頭へ